Kazuralph のヒトリゴト

9歳差育児しながら働くママのアレコレ
TOPスポンサー広告 ≫ リアルクローズTOP未分類 ≫ リアルクローズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

リアルクローズ

フジテレビで始まったドラマ「リアルクローズ」

大好きな田中哲司さん、西島秀俊さんがでるので何気なく見ていたら、勤めていた百貨店の本店が出てるじゃないですか!

エンドロール見たら協賛してる…

でも百貨店の名前は変えてあったし、制服も違った…。

懐かしい(^^ゞ

商品の展示会に行って商談したり、売り場のディスプレイ考えたり、お客様とニコニコ接客してキレイなイメージがありますが、催事(セール)があれば汗かきながら段ボールの山と一人格闘…ドラマのようにエレベータは使わず、抱えて階段を何往復したことか…

紳士カバン、革小物、ワイシャツ、ネクタイどの売場もアイテムが細かいから商品知識も盛りだくさん、取引先も沢山…営業さんの名前覚えるのも大変でしたね。

売上という数字との格闘もありましたし…(計算苦手)、発注忘れたり、失敗も沢山しました…

新人の時は、自分の希望する売り場ではなかったし(恥ずかしながら店内案内希望だったのです…)、ましてや紳士のアイテムなんて全く興味なし。

最初は「すぐ辞めてやる~!」なんて思ってたんですけど、結局7年もいました(>_<)

やっぱりファッションが好きだったし、気がつけば紳士用品も大好きに。

何より接客が大好きでしたね。

紳士服ってお子様から年配まで男女問わず年齢層幅広いお客様が来るんです。

「こういうのがあればいいのに」という声を聞けば営業さんに聞いてみたり、展示会であちこち探してみたり…

お客様に喜んでもらえるのがやりがいだったな…

だから今も自分がいいと思った物、喜んでもらえる物を作って、喜んでもらいたいと思っているのかもしれません。

黒木瞳さんが「そんな服着ているとつまんない人生になるわよ」ってセリフがあったんですが、高いブランドを着ていればオシャレではないんですよね。

自分が似合うものをきちんと選んで着る。

我が家は結婚して家を出るまで、玄関で母の服装チェックがありました(今でも時々母に会うとダメ出しされます)

「人が不快になる格好はしない」としつこく言われました。

確かに長年洋裁をしていて目の肥えている母からしたら最近のファッションは安っぽく見えると思うんですが、最近は私のスタイルがあるので気にしてません!

私の買い物は新品もあれば、古着やリサイクルショップなんですが、今後はこちらで戦利品をご紹介しようかと…

本日の戦利品♪

014_20091020235350.jpg

エルベシャプリエのリュック、セオリーのカーディガン、fogのポーチ

本日もいいお買いものできました♪

やっぱりオシャレはお金かけずに楽しくないと!












Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009年10月22日(Thu) 10:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。